人形

五月人形を買おう│子供の成長に欠かせないものたち

事前の準備が重要

女性

出産祝いをもらったら、出産内祝いとしてお礼をするのが一般的なマナーです。出産後は体の回復が思うようにいかなかったり、慣れない赤ちゃんの世話で忙しかったりする時期です。事前にしっかり準備して慌てないようにすることがコツです。出産前にどんな商品がよいのか検討しておくとよいでしょう。出産内祝い用のカタログもあります。初めて出産内祝いを贈るときは、どんな商品がよいのかわからないことも多くあります。出産内祝いカタログには、人気の商品から定番まで様々な商品が記載されています。出産内祝いを贈る方法は郵送が一般的です。出産祝いをいただいた人の住所がわかるように整理しておきましょう。里帰り出産はいつも住んでいる場所とは違う土地で出産します。里帰りしている間に自宅へ出産祝いが届く可能性があります。自宅に郵送された出産祝いにも出産内祝いの贈りもれがないように確認しておくとベストです。出産内祝いは贈る時期がだいたい決まっています。出産1ヶ月前後、お宮参りをする時期に贈ります。もしお宮参りまでに贈れなくても最低生後2ヶ月になる前には贈ります。出産内祝いの金額は半返しが一般的とされています。しかし、いただいた出産祝いの半額のものを贈ればかなりの出費になります。高額な出産祝いをいただいたときなど相手に気を使わせてしまう可能性もあります。高額商品をいただいた場合は、3分の1以下の出産内祝いでも問題ないでしょう。出産内祝いは、赤ちゃんの名前を披露する場でもあります。のしに赤ちゃんの名前を入れて贈ります。名前の由来ならちょっとしたメッセージカードを添えるのもよいでしょう。