人形

五月人形を買おう│子供の成長に欠かせないものたち

子供の健康を願う

羽子板

羽子板はお正月によく見かけるものです。羽根つきに使われるイメージが強い羽子板ですが、もともとは魔除けの意味を持つものでした。羽子板は、初めて迎えるお正月に飾るものです。また女の子のお正月に羽子板を贈る風習があります。羽子板には元気に成長するようにといった願いが込められています。新しく迎えた年を幸せに迎えることができるようにとの意味もあります。羽子板がお正月の遊びとして行われたのは室町時代とされています。当時の記録が記された書物にも、こぎの子勝負という名称で羽根つきが行われたと書かれています。羽子板に欠かせない羽根のついた黒い玉は、「無患子(むくろじ)」といいます。無患子は木の種です。子供が病気にならないようにといった意味があります。羽根つきの羽根はトンボをイメージして作られています。トンボは蚊を食べる習性があります。蚊は伝染病などの病気の原因になることがあります。蚊を食べるトンボは、病気から子供を守ってくれているのです。羽子板を購入するならば、お正月前に購入するようにしましょう。12月後半からは、雛人形を展示する専門店が多くあります。時期を逃すと購入できない可能性があるので注意が必要です。お祝いや贈り物用の羽子板は職人の手作り品であることがほとんどです。一点もののため、気に入った羽子板がすぐになくなってしまうこともあります。好みのデザインを入手するためには、羽子板が出始める11月頃からすぐに探し始めましょう。